お客様の声

寄り添いフォト&ビデオグラファー
倉田祐花さん

同業者がたくさんいる中で、私自身だから伝えられることが明確に!

SNS発信がごちゃついているように感じたり、違う方向に進んでないかな?と不安になった時は、コンセプトを見返すことで迷いなく行動できるようになりました!また、自分だけの差別化ポイントも見つかりました!

子育てアドバイザー
ヒナミ エリさん

サービスのポイントやペルソナ設定など、自分では気付いてない部分を言葉にするサポートをしてくれたので、迷わずブレずにすむようになり、心と身体に余裕ができました。

また、軸が定まったことにより、起業塾で集客に必要!と習った、LINE・メルマガ・ブログなどを整理でき、作業効率があがりました!

このような方のために
動画を公開しています!

なぜ多くの人が
言語化できないのか?

それは、お客様のことを

熱心に考えているから

起業塾やマーケティングスクールにいくと、必ず聞く「ペルソナ」「インサイト」「ベネフィット」…。

「でたでた…うんざり…」と思いながら
必要に駆られてと考えるけど
出てくるのは、よくみる言葉ばかり…。

差別化したいのに
自分を表現できている言葉がでてこない。

もちろんお客様のこと考えるのは大事

でも

”本当の言語化”を後回しにしていては
誰もが言っているような
人から借りてきたような言葉の羅列に感じてしまうのです。

できることがいくつあっても
稼ぎたい気持ちがあっても
「自分から出てくる言葉にしっくりこない…」から抜け出せません。

初めまして、Concept Design Program主宰の妹尾舞です。

私は以前デザイナーや動画ディレクターなどの肩書きで、会社員として働いていました。

私が起業したのは「在宅で子どもを中心に考えて働けるように」というありふれた理由からです。

いざ、このスキルで!と仕事を始めても、違和感を感じることが多く
人から借りてきたような言葉でしか伝えられず
熱意はあるつもりなのに、熱を込めてお話しできない自分がいました。

「売れるため」「差別化のため」と
いろんなスキルやテクニックを学んでも
いざ伝えようとすると、よく見るテンプレートのよう…

「私じゃなくても言えるやん…」そう思っていました。

「いい感じにして」
「うまく伝えられないんですけど…」

これはクリエイターの仕事をしている時にクライアントさんに多く言われてきた言葉です。

その度に「ぼんやりした感覚」を「伝わる言葉」にするために伴走を重ねてきました。

そして、そこで培ってきたヒアリング力や言語化力は
個人起業家さんたちにも同じように重宝されました。

私が今まで提供してきたデザインも動画も伝える手段の1つですが「言葉」から始まります。
土台になるものが「言葉」なんです。

そしてそれは自分にも降りかかり
自分自身で言語化を磨くことで
仕事に「私だからこそ!」という強い意義を持てるようになり

「刺さる…」「めっちゃわかる!」「この言葉に惹かれた」
と言われるように。

私にしか伝えられない言葉に自信と
伝わっている実感を持てるようになりました。


この私の経験が
伝わっている気がしない…と焦りを感じている方に役立つかもしれない!と


ぎゅぎゅっとまとめて、無料で公開することにしました。

SNSひとつとっても「コンセプトが必要」と言われています。でも実は、そもそもコンセプトは「なぜ必要なのか」を理解している人は少ないんです。大企業はあって当然、というのは想像できる。ではなぜ、個人起業家である、あなたにも必要なのかもチェックしてみてください。

  • コンセプトとは
  • どういう時に役立つのか?
  • お客様が混乱しないために 
  • 2つの視点があるとなぜいいのか?

ブレずに仕事をしていくために必要な「あなた視点」とは一体なにで、それがあることで具体的にどう変わるのか、をお伝えします。「あなた視点」を活かすことで、あなたの”思ってたのと違う…”が解消されていきます。

  • コンセプトと視点の関係性
  • あなた視点とは?
  • あなた視点を活かす3ステップ
  • 発信をしてはいけない理由

ペルソナ、インサイト、3C分析…どれも「お客さま知る」上で必要なことで、マーケティングを学んでいれば必ず耳にする言葉。だけど、あなたはこれを使いこなせていますか?知識に振り回されず、本当の意味で「お客様を知る」方法をお伝えします。

  • 前提になる注意点
  • 自分の頭で考えない
  • 競合リサーチはいらない?
  • 選ばれている理由を探す
  • 最後に…コンセプト設計は簡単

講師プロフィール

「熱狂できる仕事づくり」をコンセプトにプログラムを行う。

夢を叶えてコンサートステージデザイナーになるも
私生活を大事にするライフスタイルを目指し退職。

前職の過去の栄光にとらわれ続けながら、出産を機に起業。

起業塾や様々なスキルの講座に多額を投資し
スキルと売上を追いかけ、
家族との時間と睡眠時間を削り、起業した目的を見失う経験をした。

「言語化」を行うことで
どこに向かっているかわからない不安を払拭し、
「お客様に伝わること」と「自分が心から熱狂できるビジネス」を両立。

個人起業家さんを対象としたConcept Design Programを開始。

プライベートでは、4歳と2歳の母。

<経歴>
コンサートステージデザイナー、動画編集ディレクターなどクリエイターとして会社勤務。
起業後は動画編集×マーケターとして、DRMを活用したセールスプロモーションにて最高2500万円/月を売上。

上部へスクロール